オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
空港と飛行機

ワーキングホリデーとは国と国、あるいは国と地域の協定に基づき、互いの国・地域の青少年に見聞を広めてもらうことを目的として比較的長期の滞在を認める制度です。
「ワーキング」と「ホリデイ」という2つの言葉からなっていることからも分かるとおり、観光などをしながら滞在費を稼ぐために働くこともできるという点に特徴があります。
通常、外国で仕事をするには雇用主に身元保証をしてもらうなどの複雑な手続きを経たうえでその国の就労ビザを取得しなければなりませんが、ワーキングホリデーの場合は観光にも就労にも留学にも使える特別なビザが発行されるので、多種多様な体験をすることができます。
グローバル化の進展に伴い、今後ますます人気が高まると予測される制度です。

人気の滞在先

2014年現在、日本は12の国と地域との間にワーキングホリデーに関する協定を結んでいますが、その中でも人気の滞在先の1つとなっているのが、カナダです。
カナダは広大な国土と豊かな自然に恵まれた、魅力ある国です。
特に冬はウインタースポーツが盛んで、世界中から多くの観光客が訪れます。
治安も良く、またもともと多数の移民によって構成された多民族国家なので、外国人を受け入れることに対しても開放的です。
なまりのないきれいな英語を話す人が多いため、英会話の習得にも最適の環境です。
カナダのワーキングホリデーの対象となるのは満18~30歳の人で、滞在期間は最長1年間です。
そのうち就学期間は最長6か月となっています。
なお、これらは2014年実施分の規定で、内容はその年ごとに変更になる可能性があるので、カナダ大使館のホームページをこまめにチェックするなどして気をつけておく必要があります。

文化に触れる制度

 ワーキングホリデーとは、2か国の国の取り決めに基づき、相手国の青少年に対して、自国の文化を理解してもらうための機会を提供する目的で、自国において一定期間の生活とそのための費用を稼ぐために働くことを許可する制度です。
 日本では、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ドイツなどの国々でこの制度を利用することができます。
 ワーキングホリデービザは、観光ビザや就労ビザとは異なり、どこに滞在しても、仕事をしても良いという自由度が非常に高いビザです。
しかし、このビザは若者にしか使用することができないため、若いうちに英会話を身につけたい人、他国の文化に触れたい人には非常にメリットの多い制度であると言えるでしょう。